スマホ対応で検索結果に影響。Googleのアルゴリズムが4/21から変わります。

powered by hm solution

お問い合わせ:0120-290-727
受付時間:10:00~18:00(土日祝は除く)

お問い合わせ

スマホ対応で検索結果に影響。Googleのアルゴリズムが4/21から変わります。

今日はひな祭りですね。ひな壇飾っていますか?
それはさておき、Googleがスマホ対応しているサイトを検索結果に影響を及ぼすと発表してしまいました。
その内容とはいかがなものでしょうか・・・?

先日Googleが検索エンジンのランキング要素に対し、スマホ対応を加味することを発表しました。
スマホ対応するとスマホの検索上位表示に影響するよって話

実は去年の12月頃からスマホサイト対応の表示は検索結果に表示されていた

スマホの検索結果に「スマホ対応」のラベルが表示されている

Webサイトがスマホ対応していなければ、もちろんこのラベルは表示されません。
Googleは具体的にどう評価に反映させるのかは語っていませんが、目に見える変動があることを予測しておくほうが良いと言えますね。

この評価基準は4月21日から導入を予定

Googleはこの評価基準はスマホからの検索結果に対し影響する、と語っています。
つまりPCサイトには影響しない、と語っている反面

「スマホ対応」のラベルが付くサイトはモバイル検索結果の評価基準になる。

つまり自然と上位表示の基準に組み込まれるため、結果「スマホ対応」していないサイトは自然と順位が下ることが予測できます。
この辺りについては4月21日からすぐに変動するものではないと思いますが、何にせよ注意が必要です。

では、この「スマホ対応」はどのような基準で判断されているのでしょうか?

スマホ対応に関連するお役立ちツール

ウェブマスター向けモバイルガイド

ウェブマスター向けモバイルガイド
何はともあれGoogleが定めたモバイルガイドを知るところから始める必要があります。
つまり、このガイドを読んで理解しなければ何もできません、ということですね。
ご自身でできるできないはさておき、しっかりと読んでおきましょう。

ウェブマスター向けモバイルガイド

モバイル向けサイトの構築を確認できるモバイルフレンドリーテスト

モバイルサイト構築をチェックできるモバイルフレンドリーテスト
モバイルサイトのガイドラインに沿って構築できているか、ということをチェックできるツールをGoogleは公開しています。
こうしたツールをわざわざ公開しているということは、「このツールで判定をクリアするように調整しなさいね」と宿題を出されているのと同じことです。
対応しているしていないは置いておき、ご自身のサイトのURLを入力して分析ボタンを押してみましょう。

モバイルフレンドリーテスト

モバイルフレンドリーに対応していない場合

モバイルフレンドリーテストに合格していない場合
Googleからの駄目出しを受けます。
何をどうすればよいか、ということがツラツラ書かれているので、ウェブマスター向けモバイルガイドなどを参照しながら改善していきましょう。

モバイルフレンドリーに対応している場合

モバイルフレンドリーテストに合格している場合
「大丈夫だ、問題ない。」
Googleから見事合格通知をいただくことができます。
まずは最低ラインとして、モバイルフレンドリーに対応することを目指しましょう。

ウェブマスター向けモバイルユーザビリティチェックツール

モバイルユーザビリティチェックツール
※ウェブマスターツールのアカウントでログインしている必要があります。
ウェブマスターツールの中にも「モバイルユーザビリティ」のレポートを表示できますので、状況を把握することが可能です。

モバイルユーザビリティチェック

モバイルユーザビリティがダメダメな理由
モバイルユーザビリティがダメダメな例がコチラです。
574エラーはページ数ですが、1つ対応していなければ関連してエラーを出しまくるので仕方ありません。
このサイトは早急に改善する必要がありますね。

ここで勘違いをしてはいけないポイント

スマホ対応していないサイトは評価が下がってしまう!検索エンジン上位表示のためにスマホ対応しなければ!
現状スマホ対応していないサイトをお持ちの方はこのように考えることでしょう。

でも少し待ってください。

スマホ対応していないからといって検索結果から表示されなくなるわけではありませんし、順位がガクッと落ちるわけでもありません。
ただ評価基準の1つになりましたよ、ということです。

ですので、その思考で対応するのは本来のGoogleの意図に反してしまいます。
Googleはなぜこの考え方(アルゴリズム)を取り入れたのかを考えてみてください。

全てはユーザーのためです。
モバイル検索で、正しい情報・閲覧しやすい情報へいち早く正確にたどり着けるようにすることが本来の目的です。

検索結果のためだけに安易な対応はお控えください。
しっかりとユーザー目線に立った上で、スマホ対応を行うことがユーザビリティの向上につながり、結果ユーザーに喜ばれるサイトになります。

スマホ対応は決して安価ではありません。
PCサイトの縮小版と考えないでください。
閲覧するデバイスが異なるだけで、1つのしっかりとしたWebサイトです。

スマホ対応でよく言われる「レスポンシブデザイン」


いわゆる同じURL(ホームページのアドレス)でPCサイトとスマホサイトを両方表示することですね。
(具体的にはもう少し違いが有りますが)
スマホ対応 = レスポンシブデザインではないことをご理解ください。

スマホサイトといっても以下のように複数対応する方法がございます。

  • レスポンシブデザイン
  • PCサイトとスマホサイトを別々に取り扱う
  • プログラムなどで切り分ける

しかし、どれが良いというわけではありません。

サイトの運用方法にあった構築を行えばよいのです。

レスポンシブデザインはURLが同じになるため、更新の手間が省ける反面デザインの制約が入り構築も少し手間になります。
別々のURLで運用する場合は、それぞれのデザインを活かすことができる反面、更新の手間、つまり運用に手間がかかってしまいます。

何が良いかは構築を考える段階で突き詰めれば良いわけですね。
弊社の場合はこうした部分も全て加味させていただいた状態でご提案させていただきますので、安心して制作を任せていただけます。

最新の動向をキャッチしつつ、お客様のニーズ(わがままと費用感)を叶えさせていただきます!

ではまた。

powered by hm solution
お問い合わせ
お問い合わせ
gmt
© hm solution, Ltd.