CakePHP3をXAMPPで動かすには

powered by hm solution

お問い合わせ:0120-290-727
受付時間:10:00~18:00(土日祝は除く)

お問い合わせ

CakePHP3をXAMPPで動かすには

まだCakePHP1.3案件のメンテもあるのにもう3だ

2014/1/5にCakePHP3のプレビュー版が公開されました。
まだ「開発版プレビュー」なので動かない機能がたくさんありますが、主要な部分は動かすことが可能です。

変更点となどは、こちらの記事がとても参考になります。
まず、実際にXAMPP/WindowsでCakePHP3を動かす環境を作成します。

PHP 5.4の準備

現在多くのLinuxサーバで採用されているRedHat6やCentOS6標準のphpは5.3なため、次のバージョンリリースを待つか自前でphp5.4環境を作らないと動きません。
自分はXAMPP 1.82を使用しました。
xamppをインストールした後、PATHの設定が必要です。「c:\xampp」 にインストールした場合、環境変数Pathに「c:\xampp\php」を追加します。

php_path

composer

CakePHP3の配布はzipファイルの展開からCompoerへ変わりました。Comopserとは、phpのパッケージ管理ツールです。これを使えば、CakePHP本体とその動作に必要なPHPモジュールも一緒にインストール/アップデートができるそうです。CakePHP3をcomposerでインストールする場合、

  • コマンドライン版Git
  • composer本体

の2つが必要です。Windows用のコマンドライン版Gitはいくつかありますが、今後はコマンドラインでの作業となるため、Cygwinをインストールします。

Cygwin

install cygwinからsetup.exeをダウンロードしてインストールします。32bit,64bit版ありますがどちらでも構いません。「select packages」の画面がでるまではデフォルトの値で進めます。

cygwin

この画面が出たら、「devel」のカテゴリを開き「git」をSkipからインストール対象に変更します。クリックしてバージョン番号がでればインストール対象となっています。
インストール後、Cygwinを実行すると端末画面となるので「git」のみをタイプしインストールされているか確認します。

cygwin_gitC

composerのインストール

以降の作業は全てCygwin上で行います。端末を開いた状態で、以下のコマンドを実行します。


$ cd /cygdrive/c/xampp/php
$ php -r "eval('?>'.file_get_contents('https://getcomposer.org/installer'));"

composer.phar がインストールされますので、

$ php composer.php

で起動できるか確認します。

CakePHP3 のインストール

これで環境が準備できました。 では、c:\xampp\htdocs\c3test にCakePHP3をインストールしましょう

$ cd /cygdrive/c/xampp/htdocs/
$ php ../php/composer.phar create-project -s 'dev' cakephp/app c3test

以下の画面になればOKです。

cakephp3install

ここまでくれば、XAMPPを起動しhttp://localhost/c3test でCakePHP3が動きます。DB接続設定のdatabase.phpは廃止され、App/Config/app.php に統合されました。
DB設定を編集し、再度アクセスします。

cakephp3_start

次回

今回作成した環境を使用して、CakePHP3の新機能を確認していきます。

powered by hm solution
お問い合わせ
お問い合わせ
gmt
© hm solution, Ltd.