ランディングページについて考えてみた

powered by hm solution

お問い合わせ:0120-290-727
受付時間:10:00~18:00(土日祝は除く)

お問い合わせ

ランディングページについて考えてみた

先日お誕生日にhmのスタッフに信じられない量の酒をもらいました。ここ最近アルコールを抜くヒマがありません。
改めましてジョナさんです。ディレクターをしています。

今回は自分なりに考えたランディングページについてご紹介します。

私が入社してすぐに頭を悩ませた仕事内容が「ランディングページの作成」でした。今まであまりランディングページに関わりを持ってこなかった私。そんな私がまず調べたこと。そう。

「ラ ン デ ィ ン グ ペ ー ジ っ て な ん だ」

ランディングページ(以下LP)とは

「様々なネット広告やリンクをクリックした際に表示される、サイトを含むWEBページ全般」を指す言葉といわれています。要はトップページもLP、ブログなんかもLPと呼べるわけです。
しかし、業界的に「LP」が指すものは、リンクが少なくて一つの商品やサービスを売るための、一枚の長いWEBページのこと。
はじめに惹きつけるキャッチがどどーん!とあって、縦スクロールで読み進めると最後にどどーん!とリンクボタンがあったりするアイツです。

簡単に言うと、商品の売り上げるために特定のニーズをもつユーザーに絞って、どんぴしゃりな情報をぎゅっと詰め込んだページのことですね。

LPには何を載せるのか

そもそもLPに載せる情報って何なのか?
ここで例として三度の飯よりビール好きな私ジョナさんと同じくNo beer No LifeのWebデザイナーちゃっぴーを比較してみましょう。
ビールをこよなく愛する2人でも掘り下げてみると求めている商品は違うことが分かります。

jonasan休日はだいたい昼から飲む。
ジョナさんの場合

  • 一番好きなメーカー アサヒ
  • 飲む頻度 基本的には毎日
  • 飲む場所 宅飲み
  • 1日平均摂取量 最低500ml
  • 変えるとしたら 赤ワイン一択
  • ビールに求めるもの のどごし
  • 要望 最近ビール腹が笑えなくなってきたのでなんとなくカロリーオフをさがしているが味が変わるのは嫌だ。

chappi尊敬する人はルー大柴
ちゃっぴーの場合

  • 一番好きなメーカー キリン
  • 飲む頻度 1日350mlがノルマ
  • 飲む場所 宅飲み。または、元町・神戸駅周辺の居酒屋
  • 1日平均摂取量 350ml・・・にしたい
  • 変えるとしたら 芋焼酎か白ワイン
  • ビールに求めるもの 幸福感。上面発酵ビールのホワイトが飲みたいけど高いので発泡酒を飲みます。が、どちらにしても私は幸せです。
  • 要望 カロリーを気にして淡麗グリーンラベル飲んでいたのにこないだ味が変わって今イチになった・・前の味に戻してほしい切実に。

同じビール好きといえども人それぞれ求めているものは違います。
ここでこんなキャッチの入ったLPがあったらどうでしょう。

100人中100人が「スーパードライ」だと答えた
注目の発泡酒がついにアサヒから登場!
1ケース(500ml×24本)でお値段今だけ3,000円!

この場合「おっ」と食いつくのはジョナさんですね。
特定のユーザーが持つニーズに答えるページを作るためには、LPの形を「商品」や「目的」に応じて変えてあげる必要があります。
なので、それぞれのユーザーに「おっ」と思わせるために、複数のLPが必要になってきます。

今回は簡単に例を挙げましたがこのようにユーザーの気持ちをとことん考えることが最重要です。

「ビールを買いたい!」には人それぞれ理由があります。

  • 過去の経験を思い出す出来事があり欲求に繋がるのか(過去)
  • テレビを見ていて「美味しそう!」に繋がるのか(現在)
  • 来月の鍋パーティーの為に買いだめしておくのか(未来)

時系列で考えてもたくさんの感情が思い浮かびます。これを紐解いていき、本当に必要なユーザーに向けて訴求するのです。

改修を何度も繰り返す

最も重要となるのがページの改修作業です。ページが完成し、公開と同時にアクセス解析を行います。「ターゲットにどんぴしゃりなページが作れた!」と思っていても予測通りに集客が上がることなんてまずありません。

  • ユーザーがどのページから流入があり、どの部分で離脱したのか。
  • 閲覧数の高いエリアはどこなのか。
  • 本当に必要としているユーザーの目に届いているのか。
  • その為には何を修正しなければならないのか。
  • 全体のカラーが合っていなかったのか。
  • 購入ボタンが目立たなかったのではないか。
  • キャッチが弱すぎるのではないか。

挙げだすと切りがありませんが、ユーザーが迷わず、悩まず、スムーズにコンバージョンに至るのに最適なページを作り上げることが重要なのです。

最後に

ディレクタージョナさんが自分なりに考えて感じている「LP」についてお話しました。ここからさらに構築でのポイントや学んだこともたくさんあるのですがそれはまた次の機会に・・・。LPをつくるにはユーザーの気持ちを突き詰めて、行動や感情を想像するやわらかい脳みそが必要だということですね。

まだまだ分からないことだらけでLPをマスターするには時間がかかりそうですが、おうちの冷蔵庫でビールが私を待っていると思って。

愛するビールに「私ね!今日頑張ったよ!」と胸張って言えるようにこれからも頑張ります。

あー。ビール飲みたい。

beer

参考サイト

Webディレクターズマニュアル

ジョナさん
はじめまして。
ディレクターのジョナさんです。
“さん“は敬称ではありません。
鬼神と書いてジョナさんと読みますが、噛みついたりしませんご安心を。
ジョナさんが書いたその他の記事
ランディングページについて考えてみた 2014.11.14ランディングページについて考えてみた
powered by hm solution
お問い合わせ
お問い合わせ
gmt
© hm solution, Ltd.