ホームページ制作の見積り 内訳について考えてみました

powered by hm solution

お問い合わせ:0120-290-727
受付時間:10:00~18:00(土日祝は除く)

お問い合わせ

ホームページ制作の見積り 内訳について考えてみました

ホームページ制作の見積り内訳について考えてみた
アイキャッチの画像をあえてバランスを崩すと本当に気持ち悪いですね。
一つの画像をとってみても、良し悪しがハッキリと出るホームページだからこそ、妥協してはいけないのです。

web制作の見積りについて

web制作と一言で現しても、その項目はたくさんありますよね。
複数のweb制作会社の見積り内容から、だいたいある項目を列挙してみました。
※弊社の見積りがこれだけ細かい、というわけではありません。

企画・提案関連

  • 企画
  • 提案
  • 設計
  • コンサルティング
  • 進行管理
  • 交通費
  • 打ち合わせ費用

などなど
これらの項目は直接製作には関わらないけれど、人の手間が発生します。
手間が発生する、ということはそこに費用が発生するわけですね。

これらの内容をまとめてディレクション費用として記載されることが多いです。
単純にお見積りを出した場合、「ディレクション費用って? ここ省いてよ」と言われることが多いです。
制作費用の中でなかなかいい割合を占めているため、内容が不明瞭なものについてはお金を支払いたくないですよね。

お客様から言われた内容をなにも考えずに構築するだけで良い場合

こういったケースであれば、正直ディレクション費用というものは大きく抑えることができます。
制作管理や打ち合わせには費用が発生しますので、その最低金額は計上されると思いますが、最低限の費用になることでしょう。
中には、そういった案件をお断りする会社もあるようです。100社あれば100通りの考え方がありますので一概には言えないところですね。

しかし、こういったケースでよく言えることとして
お客様の言われたことだけを形にしていては結果に結びつかないことが多いです。
それはwebの特性を活かしきれていないためですね。
これについてはまた別の機会に記事とします。

制作と言ってもやることはたくさんあります。

web制作を行う上で、

  • ターゲットは?
  • 競合他社はどういう訴求をしているのか
  • どういった訴求方法でページを見せるのか
  • ページの構成は?
  • ページの内容は?
  • 商品の見せ方は?
  • どういうカラーリングだと、印象が良いのか
  • より閲覧してもらうためにはどうすればいいのか?
  • どういった言葉が心に引っかかるのか。

など、簡単に列挙するだけでもこれだけあります。
制作に入る前に下準備というものが必要です。実際のところ、web制作よりもこの準備をしっかりと進めることのほうが大変です。
事前調査をしっかりできていないと、効果を出すホームページには成り得ません。
それぞれのニーズに合わせた最適な方法で訴求することによって初めてホームページとして効果が生まれます。
これらのことを考えるには非常にパワーが必要となります。

こういった大変難しく、専門性の高いことを行っているためしっかりと費用として計上しているわけですね。

制作関連

ここはわかりやすいかと思います。
実際に制作する内容の費用ですね。
企画・提案とはことなり実際に制作する部分となりますので、お客様も納得いただきやすい部分です。

前回の記事でも紹介した通り、制作単価は会社によってバラバラですので注意が必要です。
しっかりとしたweb制作会社であれば、50,000円/人日が妥当なところでしょう。
これを下回りますと、制作側にもしっかりとした利益が入りませんので、金額に比例したサービス内容になってくるのではないでしょうか。

制作会社はただ制作だけをしているのではありません。
制作のトレンドを追い、業界の最新技術をチェックし、スキルを習得していかなくてはいけません。
そういった部分に時間を割くためには、どうしても単価が高くなってしまうわけです。
しかし、しっかりした利益を確保しながら堅実に制作を行っている会社であれば、技術力はもちろん納得いただける提案もいただけることでしょう。
お客様の質問に対しても根拠を持ってしっかりと回答してくれるはずです。

疑問を解消できない場合はもう少し考えたほうが良いと言えますね。

制作で大きく分けると、デザインとコーディングに分かれます。
デザイナーが作成したデザインをwebサイトに反映させるためには、コーディングという専門のプログラムで記述する必要がございます。
簡単にいえば、デザインをインターネット上でちゃんと見れるようにするための工程だと思ってもらって構いません。

素材関連

制作を進めるにあたり、素材が無い場合も多いでしょう。
そういった場合にカメラマンが撮影に行ったり、有料の素材を購入して対応することがあります。
もちろん費用は別途発生します。
「インターネットなんだから使える素材をぱぱっと探して作ってよ」と思われるかもしれませんが、著作権の問題であったり、イメージに合うものがなかなか見つからないことの方が多く、素材を探すだけで3,4時間かかってしまったというケースも珍しくはありません。
もちろんその間は制作が進んでおりませんので、まったく実になっていない時間といえるでしょう。そんなことに貴重な時間を使うよりも、有料でクオリティの高い素材を購入して素早く制作を進めることの方が効率的といえます。

管理関連

制作が完了し、いざアップロード!という時点に辿り着いた場合、ドメインやサーバーといったインターネット上で閲覧するために必要なものがいくつかございます。
そういった制作とは関係ない部分ですが、webサイトを公開するために必要になる諸費用を指します。
制作した内容をチェックし、バグがないかといったこともここに含まれます。

制作することと、しっかり機能しておりユーザーが使用しても問題ないか、といった部分は別で考えらることが多いため注意してください。
※弊社ではしっかり動作することを含めて制作として位置づけておりますのでご安心ください。

今回まとめ

ざっくりですが、これらのことを全て含めた状態で「制作」といいます。
いずれにも手間がかかっていますよね。
web制作費用は、こういったたくさんの工程を踏まえた上で、しっかりと計算されております。
つまり予算が合わない、というだけの強引な値切りはこの工程のどこかを手抜きにしてもいいから安くしてくれ、というふうに捉えられてしまいます。

そうしなければ、制作会社側は赤字になってしまいますから。

えいやんが言いたかったこと

web制作ってのは、思っている以上に複雑な工程で進んでいるんですよ、と。
ゴリ押しの値引きは制作物のクオリティに直結するため、何だかんだで安いことはありませんよ、と。
見積りが高いと感じた場合は、なぜこの金額なのか。この予算で制作するにはどことどこを妥協しなくてはいけないのか、といった相談をしてみましょう。
しっかりした制作会社様であれば、親身に相談を受けてくれることでしょう。予算の中で最大限効果を発揮するための提案をしてくれるはずです。

こうした提案がない制作会社様であれば、別のweb制作会社を探しましょう。
親身になってくれない会社と一緒に制作しても楽しくありませんからね。

何かを生み出すということは、ワクワクを作り出すことです。
制作側がワクワクしていないのに、お客様がワクワクするはずがありません。
このワクワク心を大切にし一緒に育める会社様であれば、ホームページで成功をおさめるハードルはグッと下がります。
どうせ作るなら楽しく、可能性のあるものに。
僕は常々こう思っています。

powered by hm solution
お問い合わせ
お問い合わせ
gmt
© hm solution, Ltd.