ホームページ制作の見積り について考えてみた

powered by hm solution

お問い合わせ:0120-290-727
受付時間:10:00~18:00(土日祝は除く)

お問い合わせ

ホームページ制作の見積り について考えてみた

ホームページ制作の見積りについて考えてみた
Photo by Patakuso
前回のホームページ制作 をもっと価値のあるものにするために考えてみたと関連する内容です。
今回は見積について考えてみました。
最近お客様とお話をしている中で
「いろんな会社に見積を出したんだけれど、金額が全然違ってて困ってるんだ」
という声をよく耳にします。
確かに依頼する会社によって金額は様々ですよね。
お客様からすれば、「なんで?」というクエスチョンマークが浮かぶことでしょう。
その疑問に少しでも解消されることを目指して記事にしました。

ホームページ制作会社ごとに見積金額が違う理由

1.制作内容の要件が曖昧なので概算で出している

会社の方針に大きく関係すると思いますが、お客様からの見積内容についてざっくりとした金額で出すことが多いです。これは、見積の段階で内容を全て把握しきっちりした金額を出すことが物理的に困難なためです。

「楽天みたいなショッピングサイト作りたいんだけどいくらかかるの?」
相談を受けた人間のスキルに大きく左右されますが、幾つか考えられるパターンとして

  • 具体的な内容を折り返し聞くことなく、大雑把な概算で金額を算出する
  • 情報が足りないので、必要最低限抑えて置かなければいけない要件に対してヒアリングを行い、それから算出する
  • 要件とともに、具体的な規模感や納期感なども加えてより詳細にヒアリングを行い、算出する

つまり、見積を算出する段階でどのくらい要件を把握しているのかによって金額が異なってくるわけですね。
ショッピングサイトを例にした場合、

  • 商品を一覧で表示させる
  • 商品詳細をそれぞれ用意する
  • 商品詳細ページから商品をこうにゅうすることができる

という簡単な流れもあれば、商品詳細ページに

  • 関連する商品を掲載する
  • 掲載商品を購入したユーザーが他によく見ている商品を掲載
  • お気に入りリストに登録できる
  • 定期購読ができる

など細かな機能を実装するかどうかを判断する必要があります。
必要な機能、不要な機能をしっかり見積もるためには、しっかりとした打ち合わせが必要になります。
ただ、今回の件で言えばその打ち合わせを省いてしまっているため、製作会社によって金額が大きく異なっているわけです。
見積の明細の中の項目をしっかり確認し、この機能が実装されるからこの金額になる、といったことを把握する必要がありますね。

2.制作単価が曖昧

常に価格競争にさらされているWeb業界では、基準として定めている単価を維持することが困難なケースが多いです。
制作技術者を1日拘束すると○◯円といった人日計算が基本になってくると思いますが、システム制作に携わっていない制作会社さんなどはページ単価で出すことも多いです。
これは、どちらが良い・悪いという問題ではなく臨機応変に対応すれば良い部分です。

ただし、ページ単価で計算されている場合は、工数の見積が取りにくい計算になっているため、制作単価が曖昧になっていることが多いです。
そもそもの技術料自体が統一されていないため、制作会社をじっくりと見定める必要があります。

3.見積内容に含まれているものが違う

あまり見受けられませんが、純粋な制作金額のみを伝えてくる制作会社さんも存在します。
ホームページは制作金額の他に制作に入るまでに必要な金額や制作を管理する金額など様々な内容がございます。
ホームページの内容を考えるためにも時間はかかりますし、その内容をどう配置するのか、お客様とどうやってすり合わせるのか、など全ての工数に対して人が絡みます。
会社として動いている以上、人が動くタイミングに費用が発生します。
その発生する費用をディレクション費用としていただくことが多いです。

中には、ディレクション費用・企画構成費用・交通費・制作管理費用など
細かく分類した見積もございますが、お客様からすればそれら全て制作費じゃないの? と思いますよね。
そのため、細かく明記せずに表記することが多いです。
弊社の場合ですと、制作とは異なる費用を、ディレクション費用として計上させていただいております。

えいやんが言いたかったこと

web制作を依頼する際、複数に見積を出すことは多いと思います。
その見積を出す場合、ざっくりとした要件で見積を依頼するよりも

  • ○○をするためのサイト
  • ✕✕✕✕と△△△△の機能は必須
  • 参考サイトはこんな感じで、このサイトのこの部分とこの部分は同じ機能を付けたい
  • 自社サービスはこういう内容で、ここがどこにも負けないポイント
  • 現状困っているポイント、迷っているポイント
  • 提案して欲しいポイント

を明確にした状態で依頼するほうがより希望に合った提案をいただけるようになります。

制作会社それぞれの見積方法がございますので、上がってきた金額だけで判断せずに
この会社と一緒に頑張りたい、なんとかしてくれそうだという二人三脚で動ける制作会社を選定して欲しいと考えています。

次回は、見積の中身について考えてみたいと思います。

powered by hm solution
お問い合わせ
お問い合わせ
gmt
© hm solution, Ltd.