【Photoshop】人物レタッチチュートリアル~男性編~

powered by hm solution

お問い合わせ:0120-290-727
受付時間:10:00~18:00(土日祝は除く)

お問い合わせ

【Photoshop】人物レタッチチュートリアル~男性編~

photoshopで人物レタッチ
まだ雪がすごいですね!
今日はお家から駅に着くまでに2スッテンコロリンでした。

覚えておくと便利な人物レタッチのチュートリアルです。

女性は“綺麗”に、男性は“かっこよく”見せることが多く、目的が違うので男性と女性のレタッチの方法も変わってきます。
今回は「男性編」になります。

イメージはこちら。
img

【作業環境】
OS:Windows 7
バージョン:Photoshop CS6

※Macの場合はCtrlcmdに置き換えてください。

くっきりシャープにしよう

今回使用した写真は
GATAG|フリー画像・写真素材集 3.0からお借りしました。
before

・レイヤーを複製します。
Ctrl + J
・フィルターをかけます。
フィルター>その他>ハイパス
img01

数値詳細は以下の通り
半径:0.5px

img02

ポイントは半径pxを少さくする。目安は人物のラインがうっすら出るくらい。

・レイヤーモードを「リニアライト」に。
※このレイヤーを2回複製します。
現在のレイヤーパネルはこの通り。

img03

写真がシャープになって引き締まりました。

img04

くっきりし過ぎた部分を削る

だいぶ良くなりましたが今度は肌がくっきりし過ぎた印象なのでまずはこれを調整ます。
1番上に来ているレイヤー(ここではハイパス+リニアライト のコピー 2)にマスクを追加します。
ブラシ Bツールで肌の気になるところを塗ります。

img05

マスクを追加したレイヤーのみ表示すると・・・

img06

こんな感じです。

色調補正する

色調御補正していきます。

レベル補正

img07

色相・彩度

レベル補正で彩度が強調されたのでここで細かく設定しています

img08

レッド系:赤みと彩度を抑えます。
イエロー系:赤っぽさが気になったのでイエローを濃くしました。
【以下は自分の好みで変更しました。】
マゼンタ系:変更しなくてもいいのですが、ビンテージっぽさを加えるためにあえて数値を変更しています。
ブルー系:この写真は衿元のブルーがアクセントカラーなので少しブルーを明るくしました。

瞳の色を明るく

瞳の色をはっきりさせるとよりきれいに仕上がります。
色相・彩度レイヤーにマスクを追加します。
ブラシで虹彩の部分を塗ります。

img09

マスクの設定で反転にします。

img10

仕上がりはこんな感じ・・・

img11

瞳が明るくなりました。

完成

b-a

人物レタッチとして紹介しましたが、このエッジの利かせ方は幅広く使えますのでぜひ活用してみてください。

さきボー
デザイナーの寺本です。通称:さきボー/イエロー
美しいもの・かわいいものが大好きです。心が奪われます。
完璧な美しさの中に秘めた魅力的な欠点があればもっと心が奪われます。
そんな”人の心を灯せるデザイナー”を目指してます。
ホームページを新規制作・リニューアルしたい方 弊社が手がけた制作実績 充実の運用サポート 失敗する業者選びの典型例