元気のない人がテンションを上げる方法を調べてみた。

powered by hm solution

お問い合わせ:0120-290-727
受付時間:10:00~18:00(土日祝は除く)

お問い合わせ

元気のない人がテンションを上げる方法を調べてみた。

10月から総務として入社しました“おすう”です。
未経験の事務・経理業務を手探りで始めて1ヵ月になります。

入社して早1ヵ月。前任や先輩が居ない状態で日々奮闘していますが、その間にいろいろな人から「元気?」と何度も聞かれています。

慣れている人には『永遠と喋っているうえに騒がしいヤツ』だと言われる私は、新しい職場に来て周りの人のテンションが高いことと人見知りなのが相まって元気がないように見えているもよう。

放っておけば時間とともに慣れ・・・ます・・・たぶん。
ですが、心配させるのは申し訳ない。
ということで一般的なテンションを上げる方法を調べてみました。

まず、「テンション」とは?

テンション【tension】(デジタル大辞林より)

  1. 精神的な緊張。また、不安。「―が高まる」
  2. (1の誤用から)俗に、気分や気持ちのこと。
    「朗報に―が上がる」「いつも―の低い人」
  3. 張り。張力。伸長力。「ロープに―をかける」

気分や気持ちに「テンション」を使用するのは誤用であると表記する辞書と、若者言葉であるとする辞書がありました。

一般的なテンションを上げる方法

  • ビタミンB、ビタミンC、食物繊維を摂る
    ビタミンCや食物繊維は意識している人も多いですが、ビタミンBも大事なようです。
    ビタミンB群の不足とうつ病に関係性があるとする研究報告もあり、不足すると倦怠感が生じたり疲れやすくなります。
  • 少量のチョコレートを食べる
    チョコレートに含まれるテオブロミンはカフェインと同様の覚醒効果があり、自律神経を調節する作用もあるため緊張を和らげてリラックスさせる効果もあります。
  • 栄養価の高いものを午後のおやつとして食べる
    おやつには空腹を軽減する、疲れを癒す、気分をリフレッシュさせるなどの効果があると言われています。
    1日のうちで1番体温が高くなる午後2時~3時に食べるのがオススメ。上記のチョコレートもおやつに最適です。
  • ウォーキングや散歩などで軽く体を動かす
    20~30分の軽い運動で大丈夫。
    朝に軽い運動をすると、脳を活性化させるホルモンが分泌されて1日を快適に過ごすことができます。
    また、記憶力に関係するアセチルコリンや集中力を増進させるノルアドレナリンなどの脳の神経伝達物質の分泌が活性化されるため、勉強前や集中力が切れたときにも効果があります。
  • ストレッチや深呼吸をする
    ストレッチや深呼吸にも血流を良くしてリフレッシュする効果があります。
    最近はオフィスで出来るストレッチを紹介したサイトもたくさんあります。
  • 趣味で気分転換をする
    どのような趣味でも共通するのは、前頭葉を使うことで脳全体を活性化したり、ストレス解消や偏った脳のバランスを整えるがあります。

もっと簡単な方法として、以下のようなものもありました。

・笑う
・お気に入りの服を着る
・テンポの速い曲を聴く

まとめ

「テンションを上げる方法」として調べた内容は「体や心をリフレッシュさせる方法」とほぼイコールでした。心が前向きになることで意識が向上する効果があるようです。

確かに自分でも、テンポの速い音楽を聴くと気分が上昇したり、お気に入りの喫茶店でのんびりリラックスした後は思考や気分がリセットされて、心が前向きになるのを実感したことがあります。
でも最近は歩く距離が短くなっていたり、勉強する時間が増えてリラックスする時間が減っていたり・・・足りていないことが多くて驚きました。自覚がないだけで実際に元気がなかったのかもしれません。

行動を改善して、少しでも気分を上向きにする努力をします。
まずは今日の帰りに一駅分歩くことから!

powered by hm solution
お問い合わせ
お問い合わせ
gmt
© hm solution, Ltd.