Officeファイルの埋め込み画像をオリジナルデータで簡単に抽出できる小技!

powered by hm solution

お問い合わせ:0120-290-727
受付時間:10:00~18:00(土日祝は除く)

お問い合わせ

Officeファイルの埋め込み画像をオリジナルデータで簡単に抽出できる小技!

まだまだ知らない人が多そうな便利技の紹介です!

こんにちは!さきボーです。

クライアントからの資料や書類がでワード (Word)・エクセル (Excel)・パワーポイント(PowerPoint)でもらう事があるかと思います。

もらったファイルを開くと写真や画像がペタペタ貼ってあってこっちもその写真使いたいんだけど、これはサイズが小さ過ぎて制作では使えない・・・。
別途画像を貰わなきゃ!!

その手間を解決してくれるのが今回紹介する小技です。

この技が有効なのは拡張子が「.docx」「.xlsx」「.pptx」の最後がxになっているファイルです。
「.doc」などの場合は”名前を付けて保存”などでファイルの種類(拡張子)を変えておく必要があります。

ファイルをリネームする

officeファイルの拡張子をzipにリネームします。
img1
例では.docx→.zipにしました。

解凍してフォルダを確認する

解凍後ファイルが展開されるとソフトの名前のフォルダがあります。

img2

例はwordファイルなのでwordフォルダ。

ファイル内の貼り付けデータは必ず”mediaフォルダ”に格納されています。

img3

フォルダを開いてみると・・・

img4

ありました!
画像の抽出ができました。

なぜリネームだけでファイルがきれい分割できるのかというと、
OfficeのファイルフォーマットはZIP圧縮技術を使用しているので、そもそもZIPで圧縮されているだけ!といおうオチ。

まとめ

・拡張子をzipにリネーム
・解凍後 「word」が「excel」か「power point」フォルダ>「media」フォルダを開く

Officeファイルを扱う方はオリジナルデータを紛失しちゃった!って時にも使えますので覚えておいて損はないかなと思います。

さきボー
デザイナーの寺本です。通称:さきボー/イエロー
美しいもの・かわいいものが大好きです。心が奪われます。
完璧な美しさの中に秘めた魅力的な欠点があればもっと心が奪われます。
そんな”人の心を灯せるデザイナー”を目指してます。
powered by hm solution
お問い合わせ
お問い合わせ
gmt
© hm solution, Ltd.