毎日のお供に。iPad Airが随分素敵になりました。

powered by hm solution

お問い合わせ:0120-290-727
受付時間:10:00~18:00(土日祝は除く)

お問い合わせ

毎日のお供に。iPad Airが随分素敵になりました。

iPad Airが欲しいです。
ガジェット好きなのに眺めているだけのえいやんです。そろそろiPad買い替えてもいいよね!初代でも随分頑張ってくれたよ。

最終編集日:2013.10.24

ついに発表された新型iPad。その名はiPad Air

もうたまりませんなぁ!初代iPadを購入したのが5年前・・・毎年新型が出るたびに「よし、買おう!」と思いながら買わずじまいでした。正直、それほど必要性も感じていなかったのが購入につながらなかった一番の理由ですが。
フフフ、appleのコンバージョンにはつながらなかったようだ!

今までのiPadとどこが変わったの?見た感じ一緒じゃねーの!

君の目は節穴か!見た感じで全然違うじゃないか!
とは言いつつも、白ベゼルか黒ベゼルに大きな画面。基本的には似たり寄ったりですね。ですが、今回のiPad Airは大きく変わりました。Airという名前は伊達じゃあありません。
僕の持っているiPad Air eiとスペックを比べてみましょう。

iPad Air iPad Air ei
(第1世代)
ストレージ 16~128GB 16~64GB
CPU Apple A7(64bit)
M7モーションコプロセッサ
Apple A4(1.0GHz)
ディスプレイ 9.7inch(2048*1536)
Retinaディスプレイ264ppi
9.7inch(1024*768)
バックカメラ 5メガピクセル(1920*1080)1080p HD ついとりゃせんよ
フロントカメラ 2メガピクセル(1280*960)720p HD ついとりゃせんって
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/デュアルチャンネル(2.4GHz/5GHz)とMIMO 802.11a/b/g/n
SIM Nano-SIM Micro-SIM
センサー 3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
加速度センサー
環境光センサー
バッテリー 最長9時間(3G/4G)
最長10時間(Wi-Fi環境下)
最長9時間(3G)
最長10時間(Wi-Fi環境下)
サイズ(W*H*T) 241.0mm * 169.5mm * 7.5mm 242.8mm * 189.7mm * 13.4mm
重量 478g(Cellular)
469g(Wi-Fi)
730g(Cellular)
680g(Wi-Fi)

やはり特筆すべきポイントは軽量化と本体のコンパクト化ではないでしょうか。Airの名前だけに非常に軽く、薄い仕上がりになっています。まるで空気のようですね!

値段は第4世代より2,000円アップ

円安の影響というよりは、材料費の高騰でしょうか。他のライバル機種と比べても1万円ほどお高い設定になっております。が、ここは心配しなくても売れるでしょう。それがappleのブランド力というものですから。

実は個人的にはipad mini Retinaも気になっている

img131024_01

個人的に驚いたこととして、iPad AirとiPad mini Retinaのスペックが同じという点です。本当に9.7inchのボディを7.9inchに収めてしまいました。持ち運びを前提とした使用方法であれば間違いなくminiが買いでしょう。ただし、iPadでなにか作業をするとなると画面の小ささはネックになってきそうですね。用途によって完全に購入者が分かれるでしょう。
価格もAirと比べ1万円ほど安くなるので迷いどころではあります。

よく引き合いに出されるGoogleNEXUS7(2013)と比較した場合

この手のタブレットを考えている人は必ずと言っていいほどブチ当たる比較ではないでしょうか。かく言う僕も実際悩んでおります。では、そのスペックを比較してみましょう。

iPad mini Retina Google NEXUS7(2013)
OS iOS7 Android4.3 JellyBean
ストレージ 16~128GB 16~32GB
オプションでUSBメモリを外部ストレージとして認識可能
CPU Apple A7(64bit)
M7モーションコプロセッサ
Snapdragon S4 Pro(APQ8064)
1.5GHzクアッドコア
ディスプレイ 7.9inch(2048*1536)Retinaディスプレイ 326ppi 7inch(1920*1200)WUXGA 323ppi
RAM 非公開 2GB
カメラ 5メガピクセル 5メガピクセル
サイズ(W*H*T) 200mm * 134.7mm * 7.5mm 200mm * 114mm * 8.65mm
重量 331g(Wi-Fi) 290g(Wi-Fi)
価格 41,900円~71,800円 27,800円~33,800円

簡易的な比較ですが、表記がない部分に関してはそれほど大きな違いはないので割愛しました。正直数値上で見る限りは大差はありませんが、価格帯に大佐がありますね(笑)
それでも、NEXUS7よりも大きな画面でppi密度が高いのはやはり見た目でも大きな差がありますね。あとはOSをどちらがいいか、という点でしょうか。僕はスマホがAndroidなのでタブレットはiOSであるiPadがいいなと思っています。

で、結局どっちがいいの?

そうですね、ここポイントですよね。個人的な見解はどちらでもよい、ということ。見た感じはiPadの方が質感があって良いとは思いますが、とにかく安く!という価格思考であれば間違いなくNEXUS7でしょう。iOSにこだわる場合は1世代前のiPad miniという手もあります。新型登場により1万円ほど値下がりするようですので、あえてそちらを狙うのもありでしょう。結局のところ、欲しいもの買えばいいじゃない!ということですね。

windows SURFACEという選択肢も

img131024_02

windowsユーザーであればタブレットのように扱えて、尚且つwindowsとして動くのがいい!と思われる方もいらっしゃいますよね。そんな方には断然SURFACEがおすすめです。なんせ、windowsなんですから。Officeも問題なく動きますし、タブレットのように扱えます。スペックもAndroidやiPad端末に比べ遜色はありません。
一番違和感なく使用できるモデルと言っても良いですね。

実はSURFACE2としてバージョンアップしていた

10月22日に実はSURFACE2が世界で発売されております。日本国内では、10月25日から発売開始です。一番上位グレードであるSURFACE PRO 2については他のタブレットと比較しても圧倒的なスペックを誇ります。お値段もそこそこですが、タブレットの位置づけでありながらノートPCレベルのお仕事ができると思うとワクワクが止まりませんね!簡易ですがスペック表を掲載致します。

CPU 1.6GHz Intel Core i5-4200U
メモリ 4GB DDR3 SDRAM 1,600MHz
グラフィック 1,792MB Intel HD 4400
ストレージ 64GB SSD
ディスプレイ 10.6inch(1920*1080)
OS Windows8.1(64bit)

どうでしょう?タブレットと比較するとざっと2倍近い能力を持っていますので、ビジネスに大活躍は間違いないでしょう。強いて言うならば無線LANがaおよびacの規格に対応していないところです。それ以外はMac book Airを若干上回るレベルですね。スペック厨の僕としてはもうふた声ほど欲しいところですが、windows派なビジネスユーザーであれば、iPadよりも確実に扱いやすいモデルだと言えます。

えいやんはこう思った

結局ガジェットは何かを便利にするものですよね。自分のライフスタイルであったりワークスタイルに合わせて、どれが最適なのか、という部分で購入を決めることが一番良いのかな、と思いました。大して使用しないのにiPad Airの128GBモデルを購入したところでそれはもったいないだけですよね。iPad Air、mini Retina、NEXUS7、SURFACEと一通り揃えるのもよし。でも揃えることによって使ってあげれない子が出てくるのも可愛そうです。お財布と相談しながら、必要なものを購入するときっと幸せになれますよ!くれぐれもお金が余っているからといって無駄遣いしないように!

powered by hm solution
お問い合わせ
お問い合わせ
gmt
© hm solution, Ltd.