ジョギングの良さ【前編】数字が示している

powered by hm solution

お問い合わせ:0120-290-727
受付時間:10:00~18:00(土日祝は除く)

お問い合わせ

ジョギングの良さ【前編】数字が示している

コーディングハイってご存知ですか?
新しい言語や使い慣れていないCMSツールを触っている時に「あ、こういうロジックなのね☆」と謎が解けたり理解した瞬間アドレナリンが上昇し、
急激に「コーディングスピードと頭がハイになる状態」 のやつです。

誰かがランナーズハイを文字ってそう呼んでいたのを何故か思い出しました。

みなさん運動していますか?

仕事が忙しいと、どうしても運動不足になりがち。
今はよくても、少しずつ体は衰えてきます。

今回は皆さんの健康のため「ジョギング」の魅力をご紹介したいと思います。
前編後編に分けて、前編は数字の面から見てみようかなと。

そして、少しでも皆さんの健康に役立てることができて、仕事に精が出たらいいなと思います。

走るって意味分かんない

jog01

まずジョギングと聞くと、どう思われますか。

「走るのなんてしんどいし」
「走って何が楽しいの?」
「わざわざ走る意味が分からない」

ええ分かります。分かりますとも。
ネガティブなことが、いくらでも出てきますよね。

  • ただしんどいだけという先入観。
  • 子供の頃に味わったマラソン大会。
  • ダイエットのため嫌々・・・などなど

さぞや「走る」事について毛嫌いする理由だらけでしょう。

やらない理由を探すのはいくらでもできます。

でも自分の体の事だから、やる理由を探してみてはいかがかなと☆

世の中は結局、数字ですよ

jog02
「572万人」この数字がなんだか分かりますか?

これは、日本で週に1回以上走っている人の数です。

私たちは仕事のデータ集めだったり、ネットショッピングのレビュー数だったりと、
なにかと「数」を重要視しています。

数は正確です。見て分かるのですから。
売り上げ・成績・人気、全てにおいて数は結果を表しています。

今やジョギング人口は1,000万人を超えたとされ、
そして先ほどご紹介したように、そのうち週に1回以上走っている人が日本で約572万人います。
笹川スポーツ財団が発表した2012年の調査より)

東京マラソンでは、2013年度の申込人数は303,450人にもなります。
フルマラソンでは参加料10,000円払ってです。

わざわざ走るだけのために参加料を払う人が大勢いるのです。

しんどいしんどいと思われているジョギングが、
全国に週1で約572万人もの人が走っていて、
わざわざ参加費を払ってまで、好き好んで303,450人もの人がマラソン大会に出たいがために応募したりするのです。

意味が分からないと思うかもしれませんが、これだけ多くの人を虜にしているのが現実です。

この数字、仕事に置き換えるとどれだけ魅力的な商材か。

約572万人ほどの人が週1で見てくれるサイトとか考えると、、、
バケモノサイトです。

毛嫌いするには惜しい

日本の人口は127,817,277人(2013年10月11日現在)
そのうち、週に1回走っている人は約572万人

つまり、日本では22人に1人が週に1回以上は利用しているツールなのです。

とても魅力的な数字ではありませんか?

各々の思う事はあっても、この魅力的な数字を
社会人が毛嫌いで済ませるにはあまりに惜しくありませんか?

仕事の商材としても、なにかしら、自分を変化させるきっかけになるかもしれませんよ。

次回

今回はジョギングを数字の面からフューチャーしました。
次回は具体的なメリットや楽しさをご紹介したいと思います。

今の自分のため、将来の自分の健康のために、
今日から意識してみませんか?
日々の積み重ねが、あなたの将来へとつながりますよ。

では、このへんで。

参考:
笹川スポーツ財団
産経
東京マラソン2013

JOY
日々、黙々とコーディングしています。
好きな言葉は諸行無常、押したら引く。
時の流れに身を任せ 毎日平凡にニンマリと過ごしています。
powered by hm solution
お問い合わせ
お問い合わせ
gmt
© hm solution, Ltd.