気になる行政のサービス 税金の使い方としてどうだろう?

powered by hm solution

お問い合わせ:0120-290-727
受付時間:10:00~18:00(土日祝は除く)

お問い合わせ

気になる行政のサービス 税金の使い方としてどうだろう?

今夜から大雪の可能性大。
明日出勤の人は家を早めに出る準備をした方がいいかも。
転ばないように気をつけてくださいね!

税金が上がる時期が近付いて、少し気持ちが盛り下がってしまってます。
大阪観光局の始めたサービスを見つけて、ほかの行政はどんなことやっているのかな?と気になって調べてみました。
税金の使い方としていいなと思えるものがあれば、増税でも少しは納得できます。

大阪観光局:Osaka Free Wi-Fi

osaka_wifi
大阪府が「大阪へ観光に来てね。フリーでインターネットが使えるよ!」ということで1月末から始めたサービスです。

詳しくは大阪観光局の「WiFi&RALLY 得する」で分かりやすく解説されています。
「Osaka Enjoy Rally」という加盟店で特典・サービスが受けられるスペシャルサービスも連動しています。

このサイトは観光ガイドマップのように、見てみたいとか食べてみたいなど、楽しそうな情報が多かったです。
様々な年齢や国籍に合わせるなど、細やかな対応がいいなと感じました。
隣県ですが、あらためて遊びに行こうと思わせてくれました。

熊本県・市町村電子自治体共同運営協議会:くまもとGPMap

kumamoto_gmap
熊本県全域の地図をカスタマイズして簡単にオリジナルマップが作成できるサービスです。

地図データはなかなか使用制限や入手が面倒だったりと煩雑なことが多いので、気軽に使用できる地図データはありがたいです。
学校での教材や地域の防災マップなどが気軽に作れますね。

地元の人のためにという姿勢は好感が持てます。

アメリカ:PublicStuff

publicstuff-logo
ニューヨークやカリフォルニアなど複数の都市で利用されている役所と市民のコミュニケーションサービスです。

市民が「壁に落書きがある」や「ベンチが壊れている」などの情報をスマホアプリやPCサイトから投稿すると、役所のスタッフが手配してくれます。

投稿した内容に役所のスタッフと質問のやり取りしたり、手配中とか完了しているという状態がアイコンで確認できるので、とても便利そうです。

電話や窓口であれこれ手続きしたりと面倒なこともないので、こういうサービスは日本でも広がって欲しいなと思いました。

せっかくみんなが持ってるスマホを活用しないと。
私はスマホなんて洒落たものは持っていませんが。

WHERE DOES MY MONEY GO?

mymoneygo_logo
行政が行っているサービスではないのですが、日本語名が「税金はどこへ行った?」というサイトです。

イギリスの Open Knowledge Foundation が開発したオープンソースプログラムをもとに開発されているとのことで、徐々に対象の自治体も増えています。

区税が1日あたりどこで、いくら使われているのかを分かりやすく示してくれます。
それを実感するのも、適切かどうか判断するのも自分次第ですね。

おしまい

せっかく納めた税金は無駄なく有効に活用してほしいものです。
そのためには政治や行政に関心を持ち、声をあげていくことが重要ですね。
便利やいいなと思ったサービスをみんなで褒めれば広がるかな?

powered by hm solution
お問い合わせ
お問い合わせ
gmt
© hm solution, Ltd.