★Webシステムを開発する流れを分かりやすく解説!

「Webシステムを開発しなければならなくなった。」「経験がないため、何から始めれば良いのか分からない。」という方も多くいらしゃいますよね。いきなり経験のない作業をしなければならなくなった場合、どう始めれば良いのかも分からないですよね。そこで今回は、Webシステム開発の流れをご説明いたします。

□そもそもWebシステムの開発とは

検索や予約受付システムを開発したいという方、在庫管理や生産管理を効率化したい方など、開発したい内容は人それぞれでしょう。

いずれの場合でも、インターネット経由で利用し、プログラムを実行することで実現される機能などすべてがWebシステムでと呼ばれ、Webシステム開発では、依頼した専門業者が企画書を元にPHPやperlなどのプログラミング言語を使います。

□開発はどのように進んでいくのか

*開発範囲の決定と依頼書作成を行う

まずは明確な開発範囲を定めることが大切で、Webシステムを用いて何を実現させたいのかが明確であることにより、的確な開発が行われるので、システム開発によって期待する効果を得るためにも、範囲をはっきりさせましょう。

その後、どのような目的を持っており、どのようなものがほしいのかを具体的に記載し、納入期限を依頼書に記載しておくことで、トラブルの防止に有効となることも重要です。

*業者を決める

希望するWebシステムを開発してもらう業者を決めます。その際、見積書の金額だけで判断するのではなく、依頼書に記載した内容を踏まえた提案がなされているかどうかも判断基準にするようにしましょう。依頼する1社が決定すれば、その業者と契約を結びます。

*設計を行う

依頼書の内容をより詳細にした、要求定義作成を行います。というのも、自社の状況や抱えている問題、求める効果や結果などを具体的に示すことによって、依頼業者はより的確なシステム開発を行えるようになるからです。

作業内容が具体化したのち、業者がシステムの見た目である外部設計と、データ処理方法やシステム内部の動作を行う内部設計を行い、設計が終われば具体的な金額が決定するので、金額や役割分担が記載された個別契約を結ぶことが次のステップです。その後プログラミングを行っていく作業となるので、構築されるまで待ちましょう。

*テストを行う

開発業者が現場に似たような環境での作動テストを行い、問題がなければ依頼者に納品され、納品後は依頼者が実際の環境下での作動テストを実施し、うまくいけば本稼働に入ります。

□まとめ

今回は、Web開発の流れをご紹介いたしました。この記事をご覧いただいた方は、具体的な導入イメージが浮かんだでしょう。ぜひお客様の業務にWebシステムを導入し、業務効率化を図ってくださいね。

当社はWebシステムの開発を行っている会社です。システム導入に関して不安に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、当社の担当者が全力でサポートさせていただきますので、システム開発をお考えのお客様はお気軽に当社までお問い合わせください。