チャットワークAPIを使ってみた!

powered by hm solution

お問い合わせ:0120-290-727
受付時間:10:00~19:30(土日祝は除く)

お問い合わせ
ブログTOP » web » webサービス » チャットワークAPIを使ってみた!

チャットワークAPIを使ってみた!

ChatWork
松葉
暖かくなったと思ったらまた寒くなるし、、、
服装に悩む季節になってきましたね。
はやく暖かくならないかな〜

先日チャットワークAPI利用の申請をだしておりましたが、無事利用可能となりました!
午前中に申請を出したのですが、その日の夜には「【チャットワーク】チャットワークAPI(プレビュー版)ご利用開始のお知らせ」メールを受け取りました。
チャットワークさん、ありがとうございます〜

試しに、Google Analytics × スプレッドシート & チャットワークでデータを効率的に見よう! | チャットワーククリエーターズブログの記事を参考にしながら、アナリティクスのデータをチャットワークへメッセージ投下してみようと思います。

すること

  • チャットワークAPIのAPIトークンを発行してもらう
  • アナリティクスの情報を用意する
  • スクリプトギャラリーからスクリプトをダウンロードしちゃう
  • ChatWorkClient for Google Apps Scriptを準備する
  • ソースをコピペしちゃう
  • コピペを修正してみる
  • 最後に実行

こんな流れです。

チャットワークAPIのAPIトークンを発行してもらう

まずAPIを利用するにはAPIトークンなるものを発行してもらう必要があるそうです。

チャットワーク

チャットワークを開いて、ページ右上の「動作設定」を選択します。

チャットワーク

「API発行」のタブを選択!

チャットワーク

チャットワークのパスワードを入力して「表示」をクリック!

チャットワーク

トークンが発行されるのでコピーしておきましょう。

アナリティクスの情報を用意する

チャットワーク

アナリティクスを開いて取得したいレポートの「アナリティクス設定」を選択。

チャットワーク

「ビュー設定」をクリックして。

チャットワーク

「ビューID」をコピーしておきましょう。

スクリプトギャラリーからスクリプトをダウンロードしちゃう

今回スクリプトギャラリーを利用したいのですが、新しいスプレッドシートだとスクリプトギャラリーの項目が消えてしまってます。

チャットワーク

こんな感じです。
旧スプレッドシートを開いておきましょう。

チャットワーク

すでに新しいスプレッドシートを利用してるひとは、画面下の「新しいスプレッドシート」を選択して「以前のスプレッドシートに戻す」をクリックしてください。

チャットワーク

旧スプレッドシートの「ツール」から「スクリプトギャラリー」を選択して
「Google Analytics Data Fetch Functions」を検索します。
いくつか出てきますので、適当に選んでインストールします。
認証を求められるので認証してやってください。

ChatWorkClient for Google Apps Scriptを準備する

チャットワーク12

スクリプトエディタを開きます。

チャットワーク13

さきほどインストールした「Google Analytics Data Fetch Functions」のソースが入っていると思います。

「ChatWorkClient for Google Apps Script」を利用するには、プロジェクトキーが必要なので、チャットワークAPI を Google Apps Script で使ってみた | チャットワーククリエーターズブログに掲載されているプロジェクトキーをコピーします。

■ChatWorkClient for Google Apps Script:プロジェクトキー
M6TcEyniCs1xb3sdXFF_FhI-MNonZQ_sT
チャットワーク14

「リソース」から「ライブラリ…」を選択して

チャットワーク16

「ライブラリを検索」へさきほどコピーしたプロジェクトキーを入力して、「選択」。
表示されたChatWorkClientのバージョンの選択とデベロッパーモードをonにして「保存」します。

ゼエゼエ、疲れてきた。。。

ソースをコピペしちゃう

Google Analytics × スプレッドシート & チャットワークでデータを効率的に見よう! | チャットワーククリエーターズブログの記事ソースをコピペします。

function sendGaDataToChatWork() {
  var cw_token = 'xxx'; // チャットワークAPIのAPIトークン
  var room_id = 0; // 送信先のチャットのid
  var cw = ChatWorkClient.factory({token: cw_token});
  
  var ga_email = 'xxx@xxx.xx'; //Google Analytics ログインメアド
  var ga_password = 'xxx'; //Google Analytics ログインパスワード
  var ga_token = getGAauthenticationToken(ga_email, ga_password); //Google Analytics APIトークン
  var view_id = 0; //Google Analytics ビューID
  
  var now = new Date();
  
  var visitors = getGAdata(ga_token, view_id, 'visitors', now, now); //訪問数
  var conversion = getGAdata(ga_token, view_id, 'goal1Completions', now, now); //目標1の完了数
  
  cw.sendMessage({room_id: room_id, body: '[info][title]Google Analytics データ報告[/title]今日の訪問数は:' + visitors + '、目標達成件数は' + conversion + '件でした:)[/info]'});
}

適当に先頭にでも、、、

コピペを修正してみる

コピペしたソースを適宜編集します。
まずは、チャットワークのAPIトークン。

チャットワーク

送信先のチャットIDはチャットワークの、投稿したいチャット画面のURL末尾の数字です。
アナリティクスへログインするときのログインメールアドレス。
ログインパスワードとビューIDを入力。
編集したらば、保存。

最後に実行

チャットワーク18

関数を選択で「sendGaDataToChatWork」を選択
▶をクリックして実行!

チャットワーク19

こんな感じでチャットワークに投稿されたらばOK!
(`ω´)グフフ

ちょっと感動した。

よしよし、次は自分でなにか作ってみよう!

もまいらもやってみればー
|Д´)ノ~~ アディオス アミーゴ!

人気記事

カテゴリ一覧

ホームページを新規制作・リニューアルしたい方 ホームページ診断 神戸ホームページ制作センター採用情報
弊社が手がけた制作実績 スタッフブログ ECの運営ならコンサルロケッツにお任せください!!ギュイーン!!
充実の運用サポート 失敗する業者選びの典型例

制作サイトSEO対策実績

今月のSEO対策結果
キーワード順位
出張マッサージ 京都
1位
手元供養 通販
1位
ユニバーサルマナー
1位
外壁塗装 神戸
2位
整体 大阪
1位
姫路 工務店
2位
ブライダルまつげ 神戸
2位
神戸 温泉
1位
葬儀 神戸
1位
温泉 神戸
2位
葬儀 大阪
4位
出張マッサージ 名古屋
3位
学生 プロモーション
1位
オークション 代行
3位
コンテナ 販売
3位
目 資格
1位
学生 広告
1位
大阪 ホテル
1位
ヘアサロン 南船場
3位
リフォーム
1位
ブランドメガネ 買取
3位
防犯カメラ 神戸
1位
大阪 ホテル
1位
兵庫 探偵
2位
出張マッサージ 神戸
1位
カルジェルネイル 神戸
2位
フィラリア予防
3位
神戸 ネットカフェ
1位
薬剤師 求人
1位
合宿免許 ローン
1位
美容院 南船場
3位
神戸 婚活
1位

2013年09月調査結果の一部

ホームページ制作対応エリア

制作エリア
【営業地域】
大阪府/奈良県/滋賀県/京都/和歌山/三重/兵庫県/神戸市/神戸市北区/神戸市西区/三田市/宝塚市/川西市/篠山市/三木市/小野市 /尼崎市/芦屋市/明石市/伊丹市/西宮市/姫路市/西脇市/豊岡市/加古川市/加西市/加東市/相生市/赤穂市/朝来市/淡路市/市川町/宍粟市/竜野市/丹波

【受注可能地域】
大阪府/兵庫県/京都府/滋賀県/奈良県/
和歌山県/三重県/岡山県/徳島県など
全国各地
Googleビジネスパートナー
powered by hm solution

お問い合わせ:0120-290-727
受付時間:10:00~19:30(土日祝は除く)

お問い合わせ
お問い合わせ
gmt
© hm solution,ltd.